ドタバタロンドン生活の記録


by vivace8
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あれから1年・・・

日本”食べまくり”滞在記の途中ではありますが・・・
日本一時帰国の少し前、初めての結婚記念日を迎えました。
っといっても日本で式を挙げてから1年という記念で、秋に渡英してまた式を挙げて入籍したのでそちらが正式なのかなぁ。本人たちもなにがなんだか分からなくなってきつつありますが、まぁお祝いごとは何度やっても楽しいってことで、シャンパンでお祝いをしました♪
f0127098_853355.jpg

が、当日すっかり日本に帰国することで有頂天だったわたし。カードを買うのを忘れていて、montyが花束とカードをいつものパターンで車にとりにいって初めて気づいたのでした。あわてて近所のカード屋さんへ走り→monty用のノンアルコールシャンパンをゲット♪
このシャンパンを買うのにも相当苦労しました。まぁこっちにきてよくあることなのですが、レジで「何歳?IDをみせろ」といわれ、「IDない!」というと「じゃあ銀行のカードとかなんでもいいから!」といわれ(まぁカードみせたところでどんな意味があるのかはわからないが)仕方なく銀行のカード×2出すと、まだ納得していない様子。レジのおじちゃん、わたしのカード2枚にぎりしめたまま返してくれないので「カード返して!」っていうとふてぶてしい顔で「カードで払うんじゃないの?」っていってくるので「いえ!キャッシュです!!」とその手からうばいとってやりました!まったく油断もスキもありゃしないわ。よそみでもしている間に一枚くらいポケットに入れそうな勢いだったあやしいくちひげが今でも忘れられません!!montyにその話をすると「えっ??ちょっと待って!っていうかID以前の問題だよねぇ。だってノンアルコールじゃん!気づかなかったの?ばかじゃ~ん!」と言われてしまいました。イギリスではノンアルコールでもシャンパンと名前がつくものは、未成年は(どっちみち未成年じゃないのですが)買えないのかななんて思って深く考えなかったわたし・・・そんな訳ないです!
ってことはあの口ひげ、店員なのにノンアルコールってことに気づかず、執拗にID、IDと騒いでたのかと思うと、わたしもマヌケだけど、あれはもっとマヌケでしかもふてぶてしかったなぁといまさら腹が立ってくるのでした。
とまぁ口ひげの話はさておき・・・

久々に結婚式の写真を広げてみました。
f0127098_0161352.jpg


f0127098_1361890.jpg
f0127098_138294.jpg


f0127098_138479.jpg
f0127098_13997.jpg


f0127098_140592.jpg


なんだかとぉーい昔のことのようですが、たったの1年しか経ってないんだわ、準備は大変だったけれど当日はすごーく楽しかったわぁ!と色々思い出してぼんやり・・・
あっそうだ、花嫁だけれど、おいしい料理完食するぞ!と意気込んでたのにメインなんてほぼ食べる時間なかったわと余計なことまで思い出してしまいました。

f0127098_7215823.jpg

披露宴のあとはイギリス組日本親戚組混合でカラオケ!イギリス組以上にノリノリの親戚がかなり笑えました。最後はいすをはじによせ、こんなダンスで締めくくり!参加した友人たち、あまりのノリに圧倒して1曲も歌えず・・・

montyと写真をみてたらとまらなくなってきてしまいました。
ここでmontyお気に入りのこんな写真が登場!





f0127098_027334.jpg

ミョーに人間っぽいたたずまい、何度見ても笑えます。

これは式のあと2週間ほど滞在して日本縦断の旅をしたイギリス組と一時別行動をしたときに
いった長野の地獄谷野猿公苑のサル。最寄りのバス停から山中を歩くこと1時間、やっとこさ到着したのでした。
日本でサルをみることがイギリス組のこの旅の目的の1つでした。サルといえば日光!ということで、montyとわたし以外のイギリス組はこのとき日光へ。日光のあの荒々しいサルを知っているわたしはこれだけは勘弁してくれと思い、日光行きを拒否!よって別行動となったのですが、途中でmonty「僕も実はサルみたかった!」と言い出したのです。温泉につかるサルという写真をどこかのガイドブックで見て頭から離れなかったらしく、そこから”温泉につかるサル”というキーワードだけを頼りにこの地獄谷温泉に行き着いたのでした。
ここのサルたち、野生に近い形でこの公苑で生活しているので(観光客がサルにえさをあたえないように公苑内では飲み物も食べ物も販売していないのです)、人間に興味がないらしく
そばを歩いても知らん振り!
f0127098_8144551.jpg

お調子者(どこの世界にもいるんですねぇ)のサル、何度も飛び込みを繰り返し平泳ぎっぽい泳ぎを披露してくれました。
気が進まなかったサル山行きがいつのまにか、montyより楽しんでいるわたしがいました・・・
お客の90%以上が外人だったので、やっぱり外人観光客にとって一度は見てみたい光景なのかも。
この後、イギリス組にこの写真をみせたところ、日光でサル一匹にすら遭遇しなかった彼らがとてつもなくうらやましがったことは言うまでもありません。

1年前のことで相当ひっぱってしまいましたが・・・
サル写真をみて一通り盛り上がったところで、夜はチャイニーズを食べにいき、
結婚記念日をささやかに祝ったのでした♪
[PR]
by vivace8 | 2007-07-12 00:40 | Specialな日