ドタバタロンドン生活の記録


by vivace8
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

主婦ときどきビルダーその1・・・

ばたばたしていてちょこっと更新ごぶさたしていました。
ここのところ全身筋肉痛・・・ワケは↑どおり”主婦ときどきビルダー”だから・・・
まぁビルダーなんて呼べないほどへなちょこなのですが、DIY初挑戦のわたしにとっては気分はもうビルダーなのです!
ありえないことが色々重なり、引っ越しもいつになることやらな状態なのです。でもバスタブ、トイレ、シンク設置日が今週末に決まったのでその前にバスルームになるお部屋(一部屋つぶしてバスルームにするのです。)のペンキ塗りは終わらせないと!ということでmontyも2日間休みをとり、さっそくペインティング開始!
f0127098_134353.jpgと言いたいところでしたが、わたしの大雑把な性格を見越してか、1日目はボス(やる気満々なmontyがこう呼ばせたがる)がわたしにペインティングはどころか、アンダーコートも塗らせてくれず。
f0127098_139135.jpgよって初日は、渋々罰ゲームのような床みがき(1日中!!)に徹しました。前のテナント男1人暮らしがここに何十年も住んでただけあって手入れがなっていません。カーペットをはがすとこんな状態。まぁイギリスは古い建て物が多いから、特に状態が悪いとは思いませんが、だめもとでもキレイにしておきたいなと思いこの大きなブラシ→小さなブラシで2度ずつdisinfectant(殺菌剤)をつけて泡だらけにしながら必死でみがきました。でもこんな色なのできれいになってるんだかなってないんだか・・・また本物のビルダーがごっつい靴で歩き回るうちに汚れるんだろうな・・・

f0127098_1504587.jpg新しい冷蔵庫も配達されてきました♪最終的に大家のものになるんだけど、いまより冷凍庫部分が大きいし真新しいのやっぱりうれしい。ラジオやらケトルまで持参してちょっとした遠足気分(わたしだけ・・・)で鼻歌まじりに床磨きしているその頃、ボスはとなりのお部屋で必死に壁のアンダーコート塗り。ローラーでペインティングする前にはみ出ないようにはじの部分を全体的にブラシで10センチほど塗ってから最後にローラーでがぁーっと塗るのですが、ローラーで気持ちよくぬる作業はラスト30分ぐらいだけ・・・それまではひたすらブラシではじっこをぬる地道な準備作業がつづきます。几帳面なボス、いい加減に塗るってのが許せない様子。よって進み具合もかなーりスロー・・・初日はアンダーコート塗りだけで終わってしまいました。その間大家が2度も見に来て、マスク+頭には三角巾(バンダナ?!)のわたしをみてちょっとぷっと噴き出していましたいたような気が・・・




そんなこんなで20時ごろまで作業をしていたら、いま一番の問題・・・リビングルームの住人が帰宅。なんでこんな流れになるのぉぉーーーって今も理解不能なのですが、イースター休暇明けに予期せぬ展開になって、イタリア人の男が1人わたしたちの住むであろうフラットに仮住まいしているのです。ほんと????が頭の中にいっぱいなのですが、人がいい大家(人が良すぎ!!!)の苦渋の策のようです。この男ほんとにトラブルメーカーで以前、わたしたちの真下に住んでいたのですが、そのときもへたなエレキを昼夜問わずすごい音量で練習するので、苦情の嵐。Basementの人はそのうるささに耐えられず、引っ越してしまったほど。で、5ヶ月ほど前にやっと引っ越してみんなホッとしていた(10年ほどここに住んでいるmontyもよく耐えたなという感じ)ところなのですが、どうやら引越し先でも懲りずにノイズを出していたらしく、そこの住人とケンカになり、もうそこには住めなくなってしまったらしいのです。そんな学習能力がない男、大家もとっとと見放せばいいものを、結局行くところがなくなったその男をちょうど改装中のわたしたちのフラットに住まわせるという(なんでそんな発想なのかわからないのですが)とんでもない案に達した模様。でもこんな話突然降って沸いた話。そんな話に関わりたくないのですが、契約スタート期間の2日前だったし家賃もまだ納める前だったので、文句も言えず。また契約書を新しくサインすることになりました。大家的にはわたしたちが早くそちらに移って空いたところにその男を入れたいようでしたが、わたしたちが一番こだわっていて大家がすでに了承済みだった”ペインティング、カーペット張り、バストイレ設置が終わるまでは引っ越さない”点は譲れないので結局その男に気を使いながらペインティングに通う事態になってしまいました。
まったくそんなはた迷惑な男、本人は全然気にもしてないようで(まぁ気にする性格ならこんなことにはならないが)、居候のわりにとてつもなく図々しい!!!長年下に住んでいて顔見知りだったこともあるけれど、せっぱつまって作業しているわたしたちに帰宅後ずーーーーーっとどうでもいいことをしゃべりつづけ、作業が進まないからうわのそらになると入り口に山積みになっている前テナントの家具をわざわざ押しのけて、目の前にしゃしゃりでてきてまたしゃべりまくる始末・・・ほんとありえません!!!うんざりして切れる寸前のボスが一言「ダディにそっくり・・・」
さて、帰宅した私たち、疲れ果てて、”どっちがどれだけ筋肉痛か自慢”をしてしまいました・・・
まだまだビルダーへの道は険しい?!
[PR]
by vivace8 | 2007-04-16 19:00 | お引越し準備