ドタバタロンドン生活の記録


by vivace8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:びっくり出来事( 6 )

びっくり!

きょう、用事がありウエストエンドに行こうとバスに乗って数分、突然渋滞がはじまりました。

なんだろ?と前を見ると他のバス2台も立ち往生し数メートル先には人だかりが・・・
そして消防車やパトカーがけたたましくサイレンをならし通り過ぎていき・・・

あぁ事故だ・・・としばらくバスの中にいたら、即追い出されました。運転手もすでに外にでて乗客と談笑中。

えっ?!乗ったばかりなのに(バス停2駅くらいしかすぎてないよ)~!!!なんてタイミングだよ。と渋々降りて、人だかりのほうに歩いていくと・・・

見えるかしら?
f0127098_9231261.jpg

車の事故かと思ってたら、大きな木が道路を縦断するように倒れていたのでした。

f0127098_92404.jpg

きょうはお天気もよくっておだやかな日だったのに、突然こんな大木が倒れてきたのでしょうか?
怖すぎ・・・
デジカメがなかったので、携帯カメラで撮ろうと、ふっと横をみるとさきほどの運転手も必死に激写中。
だから・・・あんたはおとなしく車内でルート変更の指示がでるのを待ってろよ・・・と言いそうになるのをぐっとこらえ、平行して走るFinchley Rdまでとぼとぼ歩き出したのでした。
きょうめちゃくちゃ脚が筋肉痛だったからなるべく歩きたくなかったのに、けっこう歩く羽目に。とほほ。

そういえば以前もこんなことがあったよなぁとさかのぼってみてたら、このときでした。
しかも両方ともAbbey Rdだし距離もかなり近いところ。

偶然とはいえ、2回ともこんなタイミングで居合わすとは。単に出歩き過ぎ?!

だって、10分前とかにここ通ってたらバスが押しつぶされてたかもだし。ちょっとぞっとしたのでした。
[PR]
by vivace8 | 2009-05-01 23:54 | びっくり出来事

偶然が重なって・・・

突然ですが・・・

あまりにも偶然が重なって不思議な縁さえ感じてしまったことってありませんか?
(うまく説明できないけど、たとえば何かお菓子を食べてたらちょうど同じタイミングにそのCMが流れ始めたり、欲しいとおもっていたけどどこに売ってるかわからないものに間をあけずに出会えたり)
こういうのなんて言うのかなぁ。

今回はそんなとっても些細なでも縁を感じた話

その1

だいぶ前、特にこれといったあてもなくドライブにでました。
地図をみてmontyが「ここはまわりになにもなくってぽつんとしている村でよさそう」ときめたEssexのThaxtedという村まで。
なんとなくできめたわりにはThaxted、1000年の歴史がある村でした。特になにがあるってわけではないけれど、静かで落ち着いたところ。
おうちの前にりんごがいっぱい。フリーだって!ご丁寧にビニールまで。
f0127098_2181068.jpg

f0127098_2263384.jpg

f0127098_483488.jpg

Thaxtedを一周したので近くの村をまわりながらRoyston(Cambridge近く)へ。
行きはM11でまわりの景色も見ずにきたので帰りはA10でカントリーサイドを楽しみながら帰ろうということでRoystonからちょうどまっすぐ南下しているA10を使ったのでした。

しばらく走っていると、なんだか見覚えのあるいちごマークが!!!!
えーっ!!もしかしてもしかすると
あのときの?!
そう、今シーズン中にもう一度いけたらな♪っとおもっていたStrawberry Pickingのできるファームだったのです!! このファームの場所をまったく把握してなかったので、こんな突然、しかもなんとなくA10を通って帰ったら偶然通りかかったのがうれしくって!
今度は2パックくらい摘む気満々で入ったら、こんな看板が・・・
f0127098_6261751.jpg

新しいいちごとの入れ替え期間だったのようで10日間お休みでした・・・
せっかく運よく通りかかったというのに、こんなおちがあろうとは!!
がっかりしながら、エコバックでも買おうとお店に入りかけたら店員さんが一斉に、
「さっき閉店しました。買うもの決まってるなら入っていいよ」と。
そんな帰りたそうな人たちの視線を一身に浴びながら選ぶ勇気はないやと何もかわずにでたのでした。 あっでもまったく予想もしてなかったのに、偶然通りかかったのはなんだかうれしかったのでした。

その2
別の日、いつもバスで通りながら、いつか行ってみようとおもっていたアンティークどおり(MaryleboneのChurch Street)に。
f0127098_6582882.jpg

f0127098_732236.jpg

ALFIESというたくさんのアンティークショップがあつまったビル。ここでも探しているキッチン用のメタルプレートは見つからなかったけれど、いろんなお店をのぞくだけで楽しかった。
f0127098_742312.jpg

ビルのまわりにもかわいいショップがちらほら。
スージークーパーのお店ってのもありました。、お昼休みなのか店番はだれもいなくシャッターまで半分閉まっていて入れず。

帰宅して、MTVのCribsというセレブのお宅訪問みたいな番組をなにげなく見ていたら
この日はJimmy Chooの創設者兼プレジデントのTamara Mellonさんというとってもきれいな方のお宅訪問でした。娘と二人暮らしという素敵なお宅を見ていたら、赤いランプシェードが!それがさっきいったALFIES内のショップで見かけたのと同じランプシェードだったのです!!ユニークな形だからすぐにわかったのですが、あまりの偶然にびっくり!
寝室においてあったクッションはボーイフレンドの顔のイラストだかコピーしたもの。ちなみにこのボーイフレンドというのがクリスチャンスレーター!!ほんとにセレブです・・・
そんなクッションが寝室にあるってのはちょっとびっくりだけど。

さらに!!その日もらってきた日系フリーペーパー、表紙だけちらっとみてバックに入れっぱなしだったのだけど、ふっと特集が”実業界の女たち”だったことを思い出しなんかピンときて
中を見てみると、Tamara Mellonさんやっぱり載ってました!

これ、全部同じ日に起こったからなおさらびっくり!!

そしてびっくりしたと共になんだかすっかりJimmy Chooに縁を感じてしまいました~!って無理矢理すぎる?!

さっいつかここの靴が買える様にきょうから貯金でも始めてみるかな(笑)!
[PR]
by vivace8 | 2008-08-24 00:15 | びっくり出来事
montyのオフと妹の予定が微妙にあわなかったり、我が家もペンキ屋が毎日のように入っていたのでヘルプどころじゃなくって(笑)、2回目はそろそろ内装も佳境に入ってたころでした。
唖然Part2
この日は夜20時から家族の食事会だったのですが、ママの招集時間は昼12時。
だんなさんのPCのネット接続手伝うだけなのに、ずいぶん早い集合だなーとは思ったのですが、とりあえずシフォンケーキを持って到着。
最初はママ、超ごきげん♪おとこ組はさっそくPC、おんな組は近所のスーパーまでお買い物へ。
買ってきたゴシップ誌読んだり、内装の大変話を聞いてすごしていたのですが、1時間ほど経ったところで、ママの様子がおかしくなってきました。おとこ組のほうはネット接続はすぐ終わったものの、どうしてもエラーがでるとかでなかなかおわりません。

わたしはゴシップ誌に夢中になっていたものの、なんだか急に無口になったママに一生懸命話しかけたのですが、はっきりいってうわのそら(涙)・・・
ランチの用意をしてくれたのですが、コンロの火がなかなかつかなかったようで
「Come on~!Come on~!!」とライターをすごい勢いでカチカチカチカチ・・・してるかと思ったらこれまたすごい勢いで庭に出て行って戻ってきたら冷蔵庫拭き始め・・・
こっこわいよ、ママ・・・
次は階段を駆け上り、おとこ組に「ちょっとまだやってるの?まったく~!」と怒りつけている様子。
ママ、どうしたのかしら?あれ、あたしなんか怒らせたっけ?

そういえば以前montyがちらっと言ってたことがここでよみがえりました。
ママ、人に長居されるのが苦手で(特に大人数)2時間くらいたつと突然スイッチオフされちゃうのです(笑)。それは息子であっても容赦なし・・・今までわたしは気づかなかったのですがこの日初めてあっもしかしてこれって・・・と気づいたのでした(汗)。

ってことでそんなママはそっとしておいたほうがとさりげなーくおとこ組に合流! ←あっわざとらしかったかも

あぁ、おとこ組ったら、空気が違います。笑いあっちゃったりしてなんてなごやかなムード042.gif
ランチを食べてなんとか無事にPCも終了し、今度はTVの修理。全部終わったのは18時。つながったネットをちょっと試そうとママが鼻歌してた歌をYou tubeで探そうとしていたら、
「ちょっとなにやってるのよ~!終わったの?わたしたち疲れてるんだから!!これから用意もしなきゃだし」と怒られるmonty・・・←さすがのmontyもこの一言に唖然通り越し呆れ顔!!

で、食事会まではあと2時間。もう1分もいてほしくない雰囲気バシバシ感じたので
わたしたちはリッチモンドパークへ。

心なしさみしそーな夕方のリッチモンドパークなのでした。
f0127098_1541253.jpg

追い出されたのに、1時間で帰ってきて命令が下ったので、もう落ち着かないのなんのって。
あまりの疲労感にしばし放心状態なわたしたち。このまま家帰っちゃう?なんて言いながら。
f0127098_154579.jpg


帰っちゃうわけにもいかずママの家に戻ると、メンバーすでに勢ぞろいでさっそくシャンパン飲んでました。ママもすっかりドレスアップしてご機嫌になってました。よれよれなのはわたしたちだけ・・・

総勢9人で近所のイタリアンへ
f0127098_372234.jpgさっそくmonty兄が頼んだピザがやってきたのですが、その大きさにびっくり!!まな板みたいなのにどかーんと長方形のピザが・・・兄「あれ、これほんとにMサイズかなぁー」とかいってるけどうれしそう。
っていうかとなりの人の場所まで思いっきり占領してるじゃないのよ!なんだか兄、笑えます。

f0127098_314927.jpg
f0127098_3143044.jpg

わたしは野菜のピザとサラダはmontyとシェア。

とうとう999?!
[PR]
by vivace8 | 2008-06-23 01:00 | びっくり出来事
5週間ひとりで里帰りしていたmonty妹がオーストラリアに無事戻りました。
当初3週間の予定だったのですが、結局2度チケット変更して5週間に。

今回急に帰ってきたのは、友人に貸していた自分たちの家を、急遽その友人が出なければいけなくなってしまい、不動産屋を通して正式に貸し出すために家の内装をしにきたのです。なんたってピンクや黄色の部屋にテキーラサンライズ風(赤からオレンジのグラデーションになった)廊下の壁のままではナイトクラブのようで友達はまだしもちゃんとした額で借り手がつかないと思ったようで・・・
最初は軽く3週間で十分だろうと思っていたらしいのですが、フタをあけてみれば問題がでてきまくりで延長したのです。

f0127098_2325826.jpg

妹からのおみやげ。コアラを見たとたんわたしの顔を思い出したそうで・・・ 
それってコアラ顔(苦笑)??でもかわいい♪
卵の中には水につけるとふ化するおもちゃのクロコダイルが入っていました。超きもかった・・・
montyは楽しそう。やっぱり兄妹だわ。他にもわたしにはちっとも理解できないグッズだらけ(苦笑)。

内装、当初は業者にまかす予定だったのでなんの問題もないはず・・・・だったのですが、
業者は高い(うーん・・・)という理由で結局頼まずなんとmontyママとだんなさん、そしてだんなさんの息子(ビルダーなんなのか謎な人)が毎日借り出され、怒涛の5週間に巻き込まれる羽目に・・・ 1年前の我が家もヘルプかなり必要だったんだけどなぁ(笑)・・・
イタリアから帰ってきたわたしたちも、さっそく余裕のかけらもない(怖っ!)切羽詰まったママから召集命令がかかりました~008.gif「さっ旅の話はもういいから現実に戻りましょう。」なんて1分も旅話してないのにさえぎられちゃったりして(苦笑)。

唖然Part1
montyのお休みの日にさっそく顔見に妹宅に現れると、ママたちはこの日お休み・・・
すでにこの日は友達などヘルプが3人もいたので、ペンキ塗りも用が足りてる状態。なんだかバスルームのタイルが足りるとか足りないとかもめてる模様。そんなところにママからTEL。妹はもう母の性格を熟知しているようで即行montyに電話をまわしてきました。

ママ「ちょっとタイル足りないから追加しなきゃいけないのよ。いますぐ車でうちまで来てちょうだい!!!」 
monty「え?もしかしてタイル屋ってマザーの家の近くのあそこ?ここくるとき通ったんだけど。ちょっとそのときいってくれれば・・・」

ママ「なんでもいいから、いますぐ来て!タイル屋は20時まであいてるから。」 ←この時点で14時くらい。20時までならそんなあせらなくても・・・

で・・・結局いま着いたとこだというのにまた来た道を戻りママをピックしてタイル屋へ
タイル屋にいくまでの間、ずーーーっと、DIY大変話を聞き、無事タイルを買って、妹の家に戻ろうとしたら
ママ「え?!ちょっとあたしがこのまま乗っていくと思ってるの?!せっかく休みなのに行かないわよ。おろしてもらえる?」
montyとわたし、かなり唖然・・・だってそんな発想まったくおもいもよらなくって。ただ助手席に乗ってるだけじゃぁ・・・サングラスかけてお出かけ仕様なんだからもうちょっと乗ってても・・・
前日まったく興味なさそうだったイタリアのおみやげワインを渡したらちょっとご機嫌も良くなりました。が、まったく意思が固そうだったので、ママを降ろしまた妹宅へ。

あたしたちってただの運び屋?!
しかも肝心の妹は夜遊びに繰り出していて留守005.gifタイルは腰が抜けるほど重いし。さすがのmontyもかなり切れ気味。
同じ南ロンドンとはいえ、ママの家と妹の家は普通に30分はかかるのですがこの日は混みこみで一体きょう何回往復したっけ?ともうぐったりだったのでした。
しかし・・・人使い荒いわ、この一家(苦笑)

後編に続く~
[PR]
by vivace8 | 2008-06-21 00:10 | びっくり出来事

ありえない!!!

monty妹夫妻と兄に日本からのおみやげを渡そうとした7月初め、妹「9月まで予定びっちりだから会えないわ!」。←どんだけ予定入れてるんだー。タレント張りの忙しさだなと思いつつ
郵送することに。
まぁ1~2週間経っても、何の音沙汰もナシ。あれ、ホリデーいってて受け取ってないのかな?
ロンドン→ロンドンに送ったのに、おかしいなー。間違えて日本にいっちゃったかななんて思って
1ヶ月が過ぎた頃・・・
郵便配達のお兄さんが、なんか見覚えのあるものを配達してきました。
よぉーくみると
ちょっとわたしがおくった小包じゃないのよぉーーーー!!!1ヶ月もどこさまよってたんだろう。
f0127098_10385080.jpg

こんなあわれな姿で戻ってきました・・・しかもどうみても破損とおもえないあきらかに中をみようとひきちぎったあとが。
f0127098_10392148.jpg

この封筒、中にぷちぷちがついていたのですが、お菓子だったのでさらにまたぷちぷちを巻き完全武装で送り出したにもかかわらず封筒の中のぷちぷちまで見事に引きちぎられてました。
しかも”配達の途中でなんらかの理由でダメージを受けた模様。大変すみません!”とヒトゴトのような文面がプリントされたビニール袋に入っているだけ。
そんなビニール袋用意してるヒマがあったら、こっちに送り返さないで(手間かかるのは一緒なのに意味がわからん!)送り先に送付しなおせ!!と思いました。
で、笑顔で去っていった配達のお兄さんを追いかけて「え?なんでこういうことになるの?もう1つまるっきり同じ小包他のあて先におくったんだけどそれはどうなってるの?」と聞いたら
「いやぁなんでこうなったんだろうねぇ。僕は分からないよ。もう1つの小包は明日にでもまた送り返されてくるんじゃない??」ってまたさわやかに笑って(笑うとこじゃない!!)走り去ってしまった・・・
ありえない・・・
£1.39×2とはいえ、なんでなにもやってくれてないロイヤルメールに寄付しなきゃいけないんだー!!
そしていまだに兄に送ったほうは行方知らず。日本のお菓子好きなロイヤルメールのだれかが食べちゃったのかなー。
こんな配達、何も難しいことないと思うんだけど。基本中の基本ができないロイヤルメール・・・
今何時代よ?よく恥ずかしげもなくロイヤルなんて名前つけるなぁ・・・
montyママに託した小包はようやくきのう長い旅行から帰ってきた妹の手元に届いたのでした。
こんなめんどくさいことになるなら(たいしたものじゃないし)最初から9月まで待って手渡しすればよかったわ。
[PR]
by vivace8 | 2007-08-30 02:45 | びっくり出来事

嵐の日

朝からすごーい風だなとは思っていたのですが、用事がありwest endへ。
ピカデリー→コベント・ガーデンまで歩いていたら、雨が降ってきて傘をさしました。
さした1分後には壊れると気づき、閉じようとするもあまりの風の抵抗で中途半端にしか
閉じられず(折りたたみ傘)、すっごく恥ずかしいのでじゃぁ今度は逆にもう一度さしてから
また閉じようと試みたもののそれも出来ず。髪も爆発して顔前面にかかり前が見えないし
すっごく必死・・・でもじたばたしている自分がまわりからみればギャグでやってるみたい
に見られてそうでほんと恥ずかしかったので、あわてて全速力で用もない店に避難しました・・・
帰りにバスの2階に乗ってると、風が吹くたびになんか体が浮くような感覚。バスも揺れてるし
なんかこわいよぉーと思っていると
えぇーー大木が・・・
根元からどさーと倒れている場面に遭遇
f0127098_221233.jpg

ちょうどAbbey Rdのレコーディングスタジオの目の前。思わずバスの2階から携帯で
撮ってしまいました。その近辺でほかにも通行止めになっている道がありなんだか
ぞっとしてしまいました。
その後は通行止めになった通りが相次いだせいか、大渋滞。バスの運転手は大興奮で
反対車線で同じく渋滞中の車、車ごとに今までみたこともない光景だ。でかい木が倒れてると
同じことをなんども説明していました。
f0127098_22135826.jpg

やっと家にたどりつきホッ!イギリスだけでなくヨーロッパで大荒れの
一日だったらしいですね。それにしても温暖化の影響なんでしょうか、気温もこの時期にしては
異常に暖かかったし。こんなひどい天気の日に出かける用事でもなかったので、
これからはちゃんと天気予報見てから出かけようと思ったのでした。
[PR]
by vivace8 | 2007-01-18 00:00 | びっくり出来事