ドタバタロンドン生活の記録


by vivace8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:カントリーサイド( 8 )

Friday Street

monty妹が帰豪した翌日の4月半ば、お天気が良かったので久々にサリー州Friday Streetあたりまでドライブ

途中montyの野暮用でママの家に突撃。一緒にドライブに行くか誘ってみたが、さすがにおつかれの様子・・・

かなり奥まったFriday Streetまでたどりつく。
f0127098_22275464.jpg

さらに奥まったこのパブだけど、けっこうにぎわっていて。

f0127098_22282367.jpg

ちょっと休憩。外で冷たいものはまだちと寒かったかも。

そうそう前日にブレーキ交換のため修理にだしたものの、なんだか車の調子が変。サイドブレーキも
すごーくひっぱらないととまらない←あぶなすぎ!
しまいにこのパブの駐車場がほんのちょっと傾斜になっていたのだけれど、6回くらいひっぱっただけだと
ずるずる車が後退しけっきょく10回以上ひっぱってやっととまった。
もう気になってドライブどころではなくなったmonty、けっきょくあたりをちょっとぶらっとして
その足で修理やに直行!
ほんといい加減な修理屋!前日は超いそがしかったようで、サイドブレーキの調整をさぼったらしく・・・
修理代だけぼったくっといて何事?!って感じ。日本に昔すんでたオーナーは日本語がけっこうできて、
ご機嫌とりで日本語で話しかけてくるのもなんだかうざくって(笑)。しまいにはmontyに
「日本語は簡単なんだから、おぼえなさい」と説教まではじめだして。まじうざい!!
そんなことしてないでちゃんと仕事しろーって感じ。
とりあえず後日なおしてくれることになったが(その日じゃないところがまたまたうさんくさい!)
気弱い女性ドライバーだったら、クレームいえなかったりするんではなかろうか。
もう絶対あそこにはいくまいと2人でうなずきあったわたしたちでした。
ちゃんとした修理やみつけるのってほんと至難の業だわー。

[PR]
by vivace8 | 2010-05-23 22:21 | カントリーサイド

Strawberry Picking

両親滞在記、はじまったばかりですが、ちょこっと休憩して・・・

かなーり暑い日が続いていた7月初めの週、急におもいたって、また去年と同じところにStrawberry Pickingに行ってきました。


f0127098_054092.jpg


炎天下の中でひたすら摘む・・・
[PR]
by vivace8 | 2009-07-17 18:28 | カントリーサイド
今月初旬の1週間のmontyホリデー
テスト中引きこもってた反動もあり、出歩きまくり。

当初、ドーバーからフランス?とかパリ1泊?とあれこれ盛り上がるだけ盛り上がり、ハッと気づく・・・
パスポートがまだもどってきてないんだった・・・わたしのだけでなくmontyのも。完全にぬか喜びでしたー。

いつものごとく、ホームオフィスから、全然音沙汰ナシだからすっかりわすれていたのでした。

ということで近場をうろうろすることに決定。


テストだったのと、車を修理にだしていて(年末にあてられたのがやっと修理の番がまわってきた)長らく代車だったので、とってもひさしぶりに乗った我が家の車。

肌寒いけどお天気がよくってドライブ日和でした。

montyの思いつきで、まずは映画Chitty Chitty Bang BangやテレビLittle Britainのロケでつかわれた
Turvilleという村へ。我が家からだと北西へ1時間弱というところでしょうか。
到着まで、やたらmontyがチティチティバンバンと連呼するから、ちょっと~チティチティじゃなくて、チキチキでしょ?と自分がまちがえてるとは微塵も疑わず訂正し、かえって恥をかく・・・
わたしこの日までチキチキバンバンだと思い込んでおりました。まったいした話じゃないんですけど

f0127098_48332.jpg

遠くかなた丘のてっぺんにWind Millが。見えるかしら?

さー村をひとまわり~!!と思ってたら、「Wind Millまでのぼるぞーオー!!」とめちゃくちゃはりきった人約1名。
えっかなり遠くに見えるし相当な傾斜にも見えるのは気のせいじゃないよなぁ。。

おまけに普通のドライブするだけだと思ってたからヒールのブーツなんて履いてきてしまう失態をおかす始末。。。montyにさんざんぶつぶついわれました。
いつもはスニーカー持参するんだけど、この日は久々ドライブだったからかそんなこと頭にまったくなくって。

さー半分意地になり登頂?開始~!!
f0127098_4161924.jpg

ちょっと後ろを振り返ると、すがすがしいながめ! しかしずいぶんこぢんまりした村だわ。
f0127098_4235874.jpg

やっぱり気のせいじゃなかったってくらい、きつい傾斜(苦笑)!
もうぜーぜーいいながら、Wind Millまでたどりついたら、

へ?プライベートだって・・・

ってことでうっそうと茂った木と塀で中の様子は見えず。どうやらだれかの家の敷地内らしく入れませんでした。

こんな心臓ばくばくしてまでのぼりきったというのに
まったく、聞いてないよ・・・

さっさとくだり開始・・・したいとこだけど、くだりのほうがこわいのよね。ブーツでおそるおそるだし。
f0127098_4321712.jpg

スニーカーのはりきりマン、どんどんくだる・・・
階段っぽくなってないとこもあって、とうとうわたしはカニ歩きに。

はー無駄にエネルギーを使ってしまった。

f0127098_5153467.jpg

ぶらっと村を散策。小さいのであっという間におわってしまい・・・
カントリーパブ&ダイニングで賞をとったとかかれたパブもありました。

この時点でまだ11時すぎ。
ってことで地図を見て次の目的地をさがす。Turvilleから真下あたりによさそうな街をみつけ(って名前だけできめたんだけど)出発!

f0127098_5253011.jpg

途中ワイナリーの矢印を発見し中にはいってみる。人の気配がまったくなく、monty興味なしだったので今回はやめー。

次にやってきたのはHenley-on- thames
f0127098_526225.jpg

このエンジン付きボート、時間制で借りられるみたい。montyがとっても興味津々でした。shrimp号やらprawn号やらお魚の名前がついててカラフルでかわいかった。
f0127098_5343933.jpg

テムズ川沿いをしばらくぶらぶら。テムズ川沿いの街だとなんとなく良さそうだよねーってことで
選んだんだけれど、素敵なところでした。この街にセカンドハウスを持っているセレブもけっこういるみたい。
いいなーわたしもこの街にセカンドハウスじゃなくて、メインハウスがほしい・・・

街をぶらぶらして、駐車場へむかっていたら、ちょっとかわいい感じのアンティークショップ発見。
f0127098_8171183.jpg
f0127098_8174923.jpg

ちょっと不思議なものとかわいいものが混在しているお店。いい感じな戸棚とかも比較的お値段安めでした。
メタルでできたショッピングリスト?がずらーと書かれているものがかわいくて迷って迷って使わないかもと結局買わず。
でも、飾っておけばいいから、やっぱり買っておけばよかった~!!といまさら後悔。

今度行くときまでに残ってるといいなー。
[PR]
by vivace8 | 2009-03-28 00:03 | カントリーサイド

思いがけず♪

ここのところ雨ばかりでちっとも暖かくないロンドン・・・
3週間ほど前お天気が良かった日、北方面へ近場ドライブ

まずは1時間ほど北へ、Tewinという小さなビレッジへ。

f0127098_804540.jpg

とっても静かで人もほとんど歩いていません。
なぜここに?と思っているとmontyがニヤ~としながら「ルイスハミルトンが育ったのはこの村と近くのstevenageなんだよ!」と・・・ やっぱりなんか魂胆があったのねぇ。
彼のお父さんはまだこの村に住んでるとか。

そういえば日曜日F1ブリティッシュGPでハミルトン、優勝しましたねぇ!
やーっと見れるようになったTVでmonty、観戦できました!

わたしたちのいつものパターンでTewin以外は行き先を決めてないきままなドライブ。
f0127098_723847.jpg

f0127098_7255757.jpg

ちょっと車を止めてみる。あまりに鮮やかな空色にしばし佇む。
f0127098_7273230.jpg

ぼけっとしてたらmontyがいない。どこからか声が聞こえてくるのできょろきょろしてたら
あっいたいた。いつのまにそんなところまで~?!
f0127098_728595.jpg


このあとも名前はおぼえてないけれど、いくつかの村をまわってみる

帰る途中、突然こんないちごマークが目に飛び込んできました。
このマークはもしや?!Strawberry Pickingの予感~!!
あまりに突然だったので行き過ぎてしまいUターン。
なんてタイミングがいいのかしら!!
Strawberyy Pickingといえば・・・去年からずっと
コチラに行きたかったのですが機会をのがしてしまったので、今年はぜひ!と思いこの日もmontyに提案していたのですがまったく興味ナシで却下されたのでした。日本にいたときも毎年行こうと思って、気づくと時期が終わっているのがパターンで(学習能力ゼロ・・・)。
f0127098_8302316.jpg

Pearce's Farm shopというところ。ラズベリーもできるみたい。お店の中もけっこう充実してて、あたりに住んでる?ちょっとリッチな感じの男性とかマダムがけっこう買いに来てました。
が・・・場所がイマイチというかまったく分かりません(汗)。行きと帰り違うルートで帰ったので検討もつかないというか。大雑把にいうとケンブリッジとロンドンの間ってとこでしょうか。 ←って相当テキトー ウェブをみてお近くにお住まいの方はぜひ! ←これまたテキトーな勧め方?!
f0127098_3584824.jpg

f0127098_422098.jpg

f0127098_961013.jpg

f0127098_964731.jpgいちごマークを発見したときは全然乗り気じゃなかったmontyなのに、しょっぱなから入れ物を抱え主導権にぎりまくって(苦笑)、離さず。念入りにいちご吟味中~!わたしが適当に取ろうとすると「ちょっとそれ形悪いし色もあざやかじゃないんだけど」といちいちダメだしされる始末・・・

f0127098_972373.jpg

ってことでしばらくは、Picking作業は細かい人にまかせてしばしわたしは写真撮影!
ほんとにすいていて何列もあるのでゆっくり吟味できます。ちょうど今がいい時期のようでmontyのように吟味せずともあまりはずれがありませんでした。途中で学校帰りの子供たちが楽しそうに親子でつんでるなんていうほほえましい姿も。
f0127098_974530.jpg

あら、今度は土にうもれたいちごマーク発見。
f0127098_991722.jpg

前半、かなりうれしそうにとってくれたので、後半はわたしがバトンタッチしてがんばりました。
monty、Strawberry Pickingってはじめて知ったらしい。イギリスでは子供のころやらなかったのかしら?この入れ物8~9分目くらいまでいれて£2.3くらいでした。安い!!
なんだか思った以上にとっても楽しんでる自分にちょっとびっくり。年々素朴なこと、身近な楽しみに喜びを感じているような・・・
f0127098_995352.jpg

帰り際、フレッシュな生クリームをわざわざ買って(家にあるっていったのにフレッシュでなきゃとまたダメだしされ)、さっそく夕ご飯にクリームをたっぷりつけて、思う存分にいただきました。いちごメインで(笑)。「Strawberry&Creamで気分だけはウィンブルドンだねー。」とmonty
ウィンブルドンテニスの名物だということをはじめて知ったわたしなのでした。

それにしても取れたてはやっぱりおいしかった~053.gifスーパーで買うとぶにゅぶにゅしてるのが混じってたりするけれど、それがまったくナシ。身はしっかりしてるし味も濃い!
今期中にもう1回くらい行きそうな予感。あっでもけっこう遠かったような・・・
[PR]
by vivace8 | 2008-07-10 01:00 | カントリーサイド

久々ドライブ

夏日が続いていた6月初旬、久々に遠出ドライブへ

出だしはなんだか雲行きがあやしく。
まずはDoverからもほどちかい、Hythe近辺のSaltwoodという小さな村へ
そうここ、montyママが10代のころ少しだけ住んだことがあるという村だったのでした。
ママが住んでたというおうちの前もとおり(以前ママを乗せていったことがあるらしくmontyがおぼえていたのでした)、高台で車を止めて少し探索してみることに
f0127098_254820.jpg

すぐそこに海がみえる~!このあたりのおうち、どのおうちもとってもきれいに手入れしていてかわいらしいのです。
f0127098_2552017.jpg


f0127098_256563.jpg

かなり急な坂をくだると、予期せずハイストリートにでました。高台のほうはだれーも人がいなくてとっても静かだったからお店なんてないんじゃーって思ってたら、けっこうにぎわってました。
f0127098_257128.jpg

f0127098_2573443.jpg


f0127098_2582129.jpg

ハイストリートを抜けるとcanalにでました。遠めにみると素敵なんだけれど・・・水はかなり汚いし、歩道もなんか汚い。がっかり・・
f0127098_259527.jpg

f0127098_2595368.jpg

海辺といえば我が家のおきまりFish&Chips・・・まぁFish&Chipsなら海辺じゃなくともいつでもどこでもウェルカムなのが我が家には約1名・・・
かなり待っただけあって香ばしくっておいしかった。お決まりのブレッド&バターも。これにチップスをはさんで食べるのが主流らしいが、どうもパンとバターとチップスというハーモニーに違和感があるのよねぇ。ここ、たくさんのお年寄りたちで混みこみでした。イギリス人ってやっぱり大好きなのね。そんな油もの食べて胃もたれないの?ってほどよぼよぼな感じのおじいちゃん、おばあちゃんもかなりいたけれど(汗)。
f0127098_302226.jpg

ランチがおわってまた急な坂をてくてくのぼって・・・
だんだん天気がよくなってきました♪
f0127098_323833.jpg

お次は本日唯一決めてきた目的地、Hytheから車で20~30分ほどのLympne Castleへ
ここ、monty妹が何年か前結婚式を挙げたところなんです。その当時、まだわたしは日本にいて仕事で出席できなかったので今回はじめておとずれてみたのですが・・・
f0127098_332790.jpg

予約しなければ中には入れないようで。せっかくきたので何歩か足をふみいれこそっと外観の写真だけ撮ってきました。この式でもmontyファミリーおきまりのハプニングがありだったそうで(汗)。
f0127098_823173.jpg


f0127098_34341.jpg

お次はFolkestoneへ移動。このホテルに結婚式前後に団体でお泊りしたそう。 さぞにぎやかだったことでしょう(笑)。1フロアをママ夫妻、ママ友夫妻、montyでシェアしたそう。←ってホテルのつくりがイマイチよくわからんけど。 とっても楽しい時間をすごしたみたい。
f0127098_35161.jpg

眺めのよい高台に建っているこちらのホテル、真下に海が広がっています。
f0127098_352334.jpg

てくてく下っていくと、うわー人がいなくて静かー。
ここFolkestoneはイギリスのシーサイドにありがちながちゃがちゃした雰囲気(桟橋にゲーセンや乗り物がところせましと並んでいる)がまったくなくって、なんかいい。落ち着いてて静か。まぁ真夏になったら混むんだろうけれど。
f0127098_355312.jpg

f0127098_363519.jpg

帰りはzig zag pathという洞窟みたいになった通路をのぼり上まで。
f0127098_37341.jpg

ホテルのまわりの住宅も高級な感じでなんかシーサイドっぽくなかった。
この日はかなり日焼けした予感・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
さて、こちらは別日ママ夫妻と久々Box Hillまでドライブ
流血騒ぎぶりにあったけど、なんとその間にリッチモンドパークをお散歩中、木につまずきころんで肋骨を打ったそうで、本調子とは言い難い状態だったのでした。ママ大丈夫かしら・・・踏んだりけったりだわ。
f0127098_381354.jpg

雨が降ったりやんだりで相当寒い日、薄着していってしまったのでこのお散歩きつかった~!
f0127098_384257.jpg

今回は丘の上側に車を止めお散歩。みなずんずん丘をかけおりてかなり攻めな姿勢で。またのぼらなきゃなのにどこまで行くの??とわたしは最後尾で守りの姿勢(苦笑)。
このあとフライデーストリートというひっそりしたパブがある小道に行こうとしたら、ママがまったく興味なかったのでやめ~!!いつものガーデンセンターへ。ママたくさんかってました。
f0127098_39103.jpg

そして久々ガーデンセンターちかくでごはん。

f0127098_933045.jpgランプシェードに注目!montyがちょっと触った瞬間どさーっとしたにずりおちてきたのです。どんどん下へ下へ。もうバルブが丸見えになっちゃったよ~!なおそうとしたけどうまくできずもうそのままにしておきました(笑)。かろうじてこの位置キープしてるけどいまにも下までおちてきそうな勢い。どっからどうみても不自然だから、ウェイターもすぐ気づくだろうに、わたしたちのテーブルにきても、まったく笑わず(わたしたちが爆笑してるのに)なおさないし、真面目そのもの。またそれがおかしくってゲラゲラわらうお気楽な4人組。

ってランプシェードはどうでもいいっちゃいい話なんですが・・・
[PR]
by vivace8 | 2008-07-02 01:20 | カントリーサイド
またまた飽きもせず(笑)、カントリーサイドへ。
近頃、室内用のリモートコントロールヘリ遊びに目覚めた影響なのか、montyが
行きたがったのはBedfordshireのShuttleworth Collection
敷地内に入ると、偶然にもリモコンの飛行機を飛ばす年齢層高めのグループを発見!
本物の飛行機見に来たはずなのに、こんな予期せぬあまりのグッドタイミングな展開に
monty舞い上がりまくり!
f0127098_9343543.jpg


f0127098_926661.jpg
f0127098_9263741.jpg

おじいちゃんたちが、ああでもないこうでもないとお互いの飛行機を批評しあったり、調子の悪い飛行機をなおしてあげたりしています。そんな中、威張りたがり屋が約2名いてなんか揚げ足とりあってて笑えました。トップの座を競っている感じ。どんな世界にもいるもんですねぇ。
なんだか会話に参加してるみたいなわたしたちですが、会話に参加しているというよりフェンス越しに会話を聞きながらうなずいたり笑ったりしてました。まぁどっちにしろ、おじいちゃんたちからしてみれば、気味悪い二人組に変わりありませんが・・・
f0127098_9271561.jpg

このスレンダーなおじいちゃんが一番いろんな飛行ワザを披露してくれました。
かなり広範囲を操縦していたので遠くのほうに離れると、一瞬本物の飛行機に見えなくもなかったなー。
f0127098_9275031.jpg

威張りたがり屋さんその1のキュートなスヌーピーの飛行機。威張ってるわりにスヌーピー・・・しかも誰よりも小ぶりなもの!なんだか笑える~!
f0127098_9351260.jpg

みんなランチと折りたたみチェアー持参で、自分の番がくるまで本読んでる人もいました。みんな登録証のようなものを首から下げてたので、詳しくは分かりませんが、飛ばしたいからってすぐに飛ばせるわけではなさそう。monty、このおじいちゃんクラブにjoinしてもいいかもなんてまんざらでもなさそう。その前に向こうから断られるっつーの!!どうせなら1ランクくらいヤングのチームにしてもいいんじゃぁ・・・
いったいわたしたちがどれくらいそこで、チームの一員っぽくなっていたかは不明ですが、みんなの飛行演習が軽く一巡してました・・・
最初は楽しかったけど、さすがに飽きてきたので、同じ敷地内にあるSwiss Gardenに
行ってみることに。
f0127098_8192614.jpg
f0127098_8204681.jpg


f0127098_8211912.jpg

この日、ガーデン内で結婚式があったようで、ゲストもちらほら見えました。しばらく待ってたけど、新郎新婦は現れず。

そしてやっと、この日のメインにしてラストになってしまったShuttleを見に、途中またおじいちゃんたちのとこに寄り道しながら、格納庫へ
わざわざ入場料払わなくても、扉が開いてたので中は丸見えー。
f0127098_9144671.jpg
f0127098_9173885.jpg


f0127098_919127.jpg


f0127098_9194628.jpg

中をのぞきこんでいると、つぎからつぎへと飛行機が外に運び出されてきました。入場料払わないで外で見ててよかったわ~♪
f0127098_9223962.jpg


f0127098_9231789.jpg

最後にこんな大きなものまで出てきました。パイロットもやる気満々な感じ。なのに、エンジンをなんどか動かしただけで、また中に引っ込んでしまいました。
定期的にこうやって外に出してエンジンを動かさないとだめになっちゃうのかな?
それにしてもレトロな飛行機が沢山。飛行ショーもたまにやってるみたい。
飛行機けっこう好きだし、変わったものが見れて楽しかった。
montyの一番はなんといっても、おじいちゃんたちのリモコン飛行機らしいけど・・・
このあとどこかに寄ったはずなのに、アップが遅すぎて、まったく思い出せない(汗)。

帰り道、住宅街の中にぽつんと1軒、Fish&Chipsの看板が出てました。運転しながらなのにそういうお店見つけるのだけは得意なmonty。
f0127098_944555.jpg

今まで食べたFish&Chipsの中で1、2を争うおいしさだとか(ほんとか?!)・・・
しかしほんと好きなのねー。全然飽きないらしい・・・
わたしがお寿司に目がないのと一緒か?!
[PR]
by vivace8 | 2007-09-15 01:00 | カントリーサイド
とってもお天気が良かったある日曜日、車で1時間半ほどのBedfordshireのNational Trust Dunstable Downsへ行ってきました。
f0127098_6444872.jpg

f0127098_7437100.jpg

辺り一面見晴らしのいい丘が続いています。みんな思い思いの場所に座り、日光浴やピクニックをしていました。
f0127098_754828.jpg

f0127098_762859.jpg

丘のふもとには
London Gliding Clubがあり、遠くからみると模型みたいなたくさんのグライダーが駐機していました。次から次へと飛び立っていくグライダー。とっても天気が良かったしみんな気持ちよさそうに飛行を繰り返していました。f0127098_79281.jpg
f0127098_783082.jpg

なにやら熱心に写真撮影するmonty。グライダーを撮っていると思われる・・・
丘の上では凧揚げをやる人がたくさんいました。売店でも売ってたし、ここは凧揚げする人の間では有名な場所なのかな?
たいていの人は楽しそうに凧揚げしている中、1人どう見ても凧揚げに興味がなさそうなマッチョなパパが超真剣な顔つきでプロフェッショナルな凧を操っていました。そのマッチョなパパの凧に初心者風なカップルの女性が操る凧が絡み付いてしまったのです!
血相を変えたマッチョ「あーあーあーそうやって俺のラブリーな凧を好きなだけじゃまして落とせばいいさ。こっちにはベビーもいるんだからてめえ気をつけろよ!」ってあやまっているカップルに怒鳴ってました。
思わず、ここはあんたの庭か??と突っ込みを入れたくなるような横柄っぷり!
人がいっぱいのレストランの目の前で見せびらかすように揚げてるマッチョ。そんなにベビーが心配なら広いんだから人がいないとこで揚げろよと心の中で叫びつつ・・・
カップルもそんなマッチョの怒りにおびえたようにすごすご退散していきました。
f0127098_805831.jpgレストランでバーガーを食べながらも、目の前で得意げになって揚げ続けるマッチョに目がクギ付けなわたし。
横柄なマッチョなだんなが凧揚げするのをただ黙って見続けていた妻とベビー。こんな休日楽しいのかしら??
マッチョ、マッチョと連呼しすぎましたが・・・

このあとは近くのWindmillへ
最近、カントリーサイドの〆はいつもWindmillなような気が・・・
f0127098_8175741.jpg
f0127098_819179.jpg

このWindmill国内では最も古いものといわれているそうです。そういえばあたりは古ーい木のにおいが漂っていました。
f0127098_8222238.jpg

f0127098_8275366.jpg
ちらっと寄ったのはこのお城。といってもえ?どこにお城っという感じでほんの一部の城壁が残っているだけでした。

カントリーサイド好きまだまだ続きます♪
[PR]
by vivace8 | 2007-09-07 00:38 | カントリーサイド
これまただいぶ前のよく晴れた日、近頃ドライブといえばカントリーサイドがお気に入りのmontyがどこかのウェブサイトでみつけた”日帰りおススメプラン”というNational Trustを巡るモデルプランを参考に近場ドライブに行ってきました。
ロンドンから約1.5時間ほど走り・・・
f0127098_8164155.jpg
f0127098_8172139.jpg

最初に訪れたのはWhite Horse Hill
f0127098_8215971.jpg


f0127098_836655.jpg
f0127098_8365415.jpg

ただただこんな広大な丘が続いています。
丘を登り切るとこんなすばらしい眺め!すがすがしい気持ちになりました。
でもこの日は風がすごーく強くて、日よけにかぶっていた帽子もとばされる寸前、風はびゅんびゅんいってるし、人はぽつーんぽつーんとしかいないし、仕舞いには寂しささえ感じてしまいました。

このあと悲劇が・・・
[PR]
by vivace8 | 2007-08-28 00:32 | カントリーサイド